活字離れと言われています。

面接の基礎知識と成功の鍵

面接の基礎知識と成功の鍵

面接の質問で読んだ本について聞かれる

活字離れと言われています。以前は新聞や雑誌、本しか情報がありませんでしたが、今はテレビ、インターネットと様々な情報源があります。テレビやインターネットは確かにリアルタイムの情報を提供してくれますが、あったことのみを伝えることが多いです。新しい知識であったり考えなどは本などから得られる場合があるでしょう。

面接を受けるとその中の質問において最近読んだ本について聞かせてくださいといわれることがあります。まったく本を読んでいなければ答えることができません。評価としては下がることがあります。本の種類は必ずしも仕事に直接関係のあるものである必要はありません。小説であったり、自分で勉強するための本でも構いません。

これによってどのようなことに興味を持っていてどのような考えをする人か等をチェックする場合があります。雑誌や新聞のコラムなどでも継続的に読んでいると何らかの話をすることができます。ただ読んだだけでなく、それが応募する会社にどうつながって行くかを上手くまとめられるとよりよいでしょう。仲間の絆を描いた小説を読んでそこから会社における助け合いが必要なことを知ったなどでも上手く伝えることができます。無理やり合わせないようにします。

Copyright (C)2017面接の基礎知識と成功の鍵.All rights reserved.