教える側と教えられる側、管理する側と管理される側では大きな変化が出てきています。

面接の基礎知識と成功の鍵

面接の基礎知識と成功の鍵

面接で部下や後輩への接し方を問われる

教える側と教えられる側、管理する側と管理される側では大きな変化が出てきています。学校においても教える側のやり方が以前とは大きく変わりつつあります。職場においてもこれまでは上司といわれる人の力が強い場合がありましたが、必ずしもそれで管理ができるわけではありません。企業としても新しい人間関係作りに取り組む必要があります。

マネジャー経験がある人を募集する場合において面接を受ける場合、部下や後輩などに対する接し方を問われることがあります。マネジャーになる場合は一般的にはマネジメント教育を受けて行ないますが、中小企業などでは必ずしもそういった教育が受けられないこともあります。独自にマネジメントを行なっている人もいるでしょう。

現在においては、IT機器を使って部下とコミュニケーションを取る仕組みなどもあります。それによってそれまで管理できなかった社外における部下の管理もできる場合があります。部下が悩んでいる時などにどのように対応をして、どのように解決をしてきたかなどを話すようにします。面談などを行なって日ごろの問題などを拾い出すこともあるでしょう。そのあたりなども伝えるようにしておけば、良い接し方かどうかのチェックをしてもらえます。

Copyright (C)2017面接の基礎知識と成功の鍵.All rights reserved.