明日のことが予測できればかなりいいことがありそうです。

面接の基礎知識と成功の鍵

面接の基礎知識と成功の鍵

面接で自分の5年後10年後を聞かれる

明日のことが予測できればかなりいいことがありそうです。株価や為替などがわかれば、それを元に投資をして利益を得ることができます。予測自体は誰でもできますが、それが当たるかどうかは別になります。いろいろなことにおいてはいかに正確な予測をすることができるかによって生活がしやすくなります。仕事においてもいえることです。

面接おいては、自分自身の将来について問われることがあります。5年後であったり10年後にどうなっているかです。実際の所なかなか正確にそのことを考えている人、予測をしている人は少ないかもしれません。でも転職でキャリアアップをしようとしている人は数年先を見ながら、キャリアを積んで将来に備えているといわれます。

このときには明確ではないにしてもある程度はきちんとした意見を言えるようでなければいけません。仕事においてはどのような力を得て、行なっているかなどを伝えることができなければいけません。会社においては役員等は長期計画や中期計画などで一定先の計画を立てながら運営を行なっています。マネジャーであればそれくらいのことができなければいけないとされる場合もあります。会社だけでなく業界の将来などについても話ができるようにしておきます。

Copyright (C)2017面接の基礎知識と成功の鍵.All rights reserved.