勉強といいますと学生時代に行ないます。

面接の基礎知識と成功の鍵

面接の基礎知識と成功の鍵

面接で勉強していることなどを聞かれる

勉強といいますと学生時代に行ないます。しかし実際は学生時代以降も勉強をする必要があります。そうしないと社会に取り残されますし、仕事もできなくなります。かつてはパソコンも携帯電話もスマートフォンもありませんでした。今はそれらを使わないと仕事をすることができません。さらに語学力も必要とされています。

転職活動においては、履歴書の資格などにおいて自分の学力などをアピールできる場合があります。仕事に直結するものもあれば、直接関係のないものもありますが、それによって担当者に自分のことをよく知ってもらえます。でも勉強はあるときまでで終わるわけではありません。資格は過去の勉強の結果です。今何を取り組んでいるかです。

ですから面接においてはどのようなことを勉強しているかを問われることがあります。興味のあることであったり、社会人として必要なスキル、さらにはこの会社に応募するに当たって新たなスキルとして勉強をしていることを伝えることもあります。具体的にどのような方法で勉強をしているかも伝えるとよりその努力の度合いについて伝えることができます。仕事においても勉強をしていくことは重要で、その取り組み方で仕事ができることが伝わります。

Copyright (C)2017面接の基礎知識と成功の鍵.All rights reserved.